おでこの産毛はダサい?

おでこの産毛を気にして悩んでいる人って意外と多いですよね。

 

「大人になってまでおでこの生え際に産毛が生えているとダサい」という声もあるように、一般的には赤ちゃんの時には生えていても3歳くらいを目安におでこの産毛は抜け落ちていって、大人になると自然とスッキリした状態になっていることがほとんどです。

 

ですが、中には大人になってもおでこの産毛が残っている人もいます。

 

大人になっても生え際に産毛が残るのはホルモンの影響を受けた体毛として残っているので、遺伝的に体毛が残りやすい人がいれば体毛が残らない人もいるのですよ。

 

産毛に関しては男性でも女性でも大きな差はないと言われていますから、男女関わらず体質によって産毛が残る人と残らない人もいるのですが、おでこに産毛が残っているのはなんとなく赤ちゃんみたいでダサいと感じる人は多いのは事実ですね。

 

中には「おでこの産毛は赤ちゃんみたいでかわいい!」と感じる人はいるみたいですが、少数派ではありますし多くの人は産毛がなくてスッキリしている方が良い印象を持つ傾向にはあります。

 

確かに綾瀬はるかさんや北川景子さんなど美しい女性の代名詞となっている女性はおでこを出したヘアスタイルも似合っていてかわいいですよね。

 

好みにもよりますが、おでこの産毛はあるとダサいと思われがちですし、脱毛処理をした方がモテやすいということは言えるでしょう。

脱毛処理のやり方に注意!

おでこの産毛は幼い印象を相手に与えてしまうので、気になるようだったら脱毛処理をした方がいいですが、脱毛処理をするときにはやり方に気を付けなければなりません。

 

はっきりと毛が生えているのなら脱毛サロンに行って施術してもらうのがいいかもしれませんが、わざわざサロンに行くのは時間も費用もかかるので面倒ですし、自分で処理できるくらいの感じならサロンに行ってまで脱毛してもらう必要はないでしょう。

 

そうすると自分で処理することになると思いますが、そのときに気を付けなければならないことがあります。

 

それはカミソリで処理するのはやめた方がいいということ。

 

カミソリでおでこの産毛を処理する場合、万が一失敗したときに剃る必要のない毛まで剃ってしまう可能性も出てしまいます。失敗したら剃りこみが入ってしまうと、もうモテるモテないの話ではなくなってしまいますし、リスクが大きすぎます。

 

なので、カミソリで処理するのはおすすめしません。

 

ではどうやって処理したらいいのということになりますが、そこで活躍してくれるのがフローレスシェーバーです。

 

フローレスシェーバーは産毛専用の脱毛シェーバーとなっているから安心ですし、刃が直接お肌に触れない構造になっているからカミソリのようにお肌を傷つける心配がありません。

 

リスクを最小限に抑えてくれるから、脱毛処理に慣れていない人でも安全に使うことができますよ。

 

もちろん、おでこの産毛だけでなく全身に使うことができますから便利なアイテムになってくれます。

 

もし、おでこの産毛をはじめ、産毛がとにかく気になっているという方にはフローレスシェーバーはぴったりのアイテムですから、ぜひ使ってみて悩みを解消してみてください。

 

悩みがなくなると気分が明るくなりますし、勉強も仕事も恋愛も前向きな気分で取り組めますよ!